媚薬の種類、市販でよく見られる媚薬はどんなタイプがある?

媚薬は形態によってだいたい塗るタイプ、飲むタイプ、香水タイプという三種類に分かれています。こういう三種類の媚薬は全てが同じ作用をするわけではなく、使用の場合と効果が様々です。総じて言えば、塗るタイプの媚薬の効果が一番、次は飲むタイプ、最後は香水タイプの媚薬という順番があります。それで、自分に一番ふさわしい媚薬を選ぶことが大切です。

塗るタイプの媚薬
前で既に説明したように最も効果が期待できるのは塗るタイプの媚薬です。それは塗るタイプの媚薬は粘膜を通して直接神経へ作用出来るからです。塗るタイプの媚薬を使用後、肌がスースーすることのと同じように、催淫効果のある成分を性器粘膜に塗布することで性欲の増加したり敏感になるのです。男性の場合、粘膜に直接塗布するのが難しいですが。そして、一般的に塗るタイプの媚薬は女性に向けて開発されたものだと言われています。

飲むタイプの媚薬
香水タイプの媚薬と違って、飲むタイプの媚薬は身体の中から作用します。飲むタイプの媚薬に含まれている成分は性器への血流を促進したり、血行をよくさせたりすることができます。血液量が増えることで性器周辺の筋肉が温められ神経が敏感になります。服用後、短時間で効果が発揮されてくれるものもあれば、毎日服用を続けることで効果が出たり、疲労回復の効果も得られたりするサプリメント系のものもあります。

香水タイプの媚薬
香水タイプの媚薬は催淫効果があるだけでなく、対人関係向上の効果も期待できます。調査によって、男性は〝オスモフェリン〞という性ホルモンを発している女性に魅かれやすいと報告されています。他の種類の媚薬と比べて、香水タイプの媚薬は抜群な効果があまり現れてないかもしれませんけど、効果の持続時間は一番長くて、また、他のタイプとの併用することで効果が目立つことになります。