媚薬の発展紹介

媚薬は当初は古代ヨーロッパにて魔女たちが使うものだとされてきました。そのため、一般の人間からは縁遠く、どちらかと言えば非常に神秘的な存在であるとされていたようです。昔から、ワイン、水、または特定のハーブ(幻覚ハーブも含む)が原料とされ、ときには、その他の魔法の原料が加えられます。媚薬の歴史ははるか古代に遡ります。当時、科学薬品を作る技術がなかった事もあり、媚薬にはハーブや漢方などの天然の成分が使われて来ました。そのため、現代ようにの医薬品にありがちな副作用の心配をしないで安心して使う事ができたのです。

西暦紀元1181年に入り、イタリアのベネチアでは、Doge Orlo Malipierによって魔法の秘薬を全面的に禁止する政令が通過されました。ヨーロッパほぼ全土においては、惚れ薬の製造及び使用を禁止する法律が公布され、投獄、拷問、ときには死刑という厳しい罰則が課せられていたにも関わらず、それでも秘薬を製造する者や秘薬を使う魔術師達は後を絶ちません。

国や文化によって、媚薬の認識も違います。古代ローマ人カキを見つけて、中国人は虎鞭を認めて、アラブ人はハンプに熱心しました。媚薬の効果を信じて、期待する人間が多かったです。あの時、媚薬は多く女王たちの淫乱な生活を満足するため、使われていました。

現在ではインターネットの普及により、実にいろいろな媚薬が販売されています。中には、あきらかに怪しいものもあり、本当に効果があるのかどうか疑わしいものもあるようです。そんな中でも、口コミやリピート率などを見ると実際に効果があるといわれている人気の媚薬も存在します。そして、飲み物に1滴入れるだけで、女性のアソコが熱くなり、愛液でグショグショ状態のアソコが欲情してしまう効果絶大の媚薬が存在しているのです。